お風呂タイムは大切です

あなたはシャワー派ですか?
お風呂タイムは、1日の疲れた心と体をリフレッシュさせるとても大切な時間です。体は一度温まってから冷えることで、眠気を誘う仕組みになっています。お風呂に入ると、質の良い睡眠を確保できます。

また、血行を良くしてあげることで、脚、お腹などをマッサージし1日溜った疲れやむくみを改善します。お風呂に浸かることで期待できる効果は3つです。

◎温熱作用
体が温まることで血流がよくなり、疲労回復や凝りの改善効果が期待できます。また、自律神経を調整する作用も期待できます。

◎水圧作用
肩まで浸かると、なんとウエストが3~6cmも細くなるほどの水圧がかかります。腹部にかかる水圧で心肺機能の向上、新陳代謝を上げる作用が期待できます。

◎浮力作用
肩まで浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節を休ませることができ、緊張からくる脳への刺激が減少します。見えない体の負担を軽減することにより、心も開放されてゆくのです。

【PR】 アロマバスを試してみませんか?


アロマバス
アロマバスは、普通のお風呂と比べて、どのような違いがあるのでしょうか?例えば、ラベンダーのエッセンシャルオイルを湯船に数滴落としたとします。

エッセンシャルオイルは油脂ではありませんが、油に馴染みやすい親油性という性質を持っています。人間の皮膚には、皮脂腺があるため、油を吸収しやすい構造を持っています。

エッセンシャルオイルは皮膚にも馴染みやすいという訳です。また、鼻から入ったエッセンシャルオイルの成分は肺の粘膜を通り血液に取り込まれ、血流に乗り、全身に行き渡ります。

ラベンダーには、筋肉痛や肌の炎症などを鎮める作用があることが分かっています。その成分が体に入る訳です。また、ラベンダーの香りそのものも見逃せません。

浴室に広がった香りは鼻から入り、脳へと伝わります。ラベンダーでリラックスというのを耳にしたことがあると思います。入浴中は鼻から、皮膚から、効率良くエッセンシャルオイルが入っていくのです。

【PR】 アロマバスを試してみませんか?