睡眠不足 解消 サプリ

理想の睡眠時間

長く眠るほど寿命が縮む?
1980年代にアメリカで100万人以上を対象に行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査がありました。
1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低く、それ以上及びそれ以下の時間眠っている人は寿命が短く なる傾向にあったのです。特に長く眠っている方が問題で、7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしたということです。
研究者によると、「睡眠は食欲と似ている。欲望にまかせてものを食べると、食べ過ぎて健康を害する。 睡眠も、眠たいからといって、いつまでも寝ていると身体によくない」と述べています。

日本でも同じ様な結果が出ています。名古屋大学で、40~79歳の男女約10万人を、10年間に渡って追跡調査しました。 対象者の平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間でしたが、死亡率が最も低かったのは、男女共睡眠時間が7時間の人達でした。
睡眠時間が7時間より短い人も長い人とも、死亡率が高くなる傾向が示されました。
睡眠時間が長い人の寿命が短くなる原因は、はっきりしていませんが、長く眠る人は何らかの健康上の問題を抱えている可能性が指摘されています。

長生きするための睡眠法
長生きできる最適の睡眠時間とは?
眠り過ぎると寿命が短くなるのと同じように、睡眠時間が短くても長生きできません。
健康に長生きするためには、自分に必要な時間だけ質の良い睡眠をとることです。
必要充分な睡眠時間を知るには、寝つきと目覚めが良く、起きてからも活動的に過ごせた日の睡眠時間を、何回か記録してみると良いでしょう。緊張している平日とリラックスできる休日では、必要な睡眠時間が異なることがあるので、 この2つは分けて記録しましょう。

布団に入ったら、翌朝に起きる時間を強く意識します。深層心理に働きかけて予定時刻に目覚め易くなります。
翌日が楽しく充実した1日になるように、イメージすることも大切です。仕事が上手くいくとか、思いがけない出会いが あるとか、ワクワクすることを想像してみて下さい。

起き出したら冷水で顔を洗うと、眠気を減らしてくれます。
コーヒーや紅茶等に含まれるカフェインは、脳の催眠物質の働きをブロックしてくれます。
少しでも良いですから、朝御飯を食べましょう。胃腸にある第2の体内時計「腹時計」が動きだします。
エネルギー源であるブドウ糖が補給されると、脳の働きが活発になってきます。
日中に眠気が強くて辛い時には、積極的に居眠りをしましょう。午前中から午後3時までの仮眠は、睡眠不足の解消に役立ちます。横にならずに椅子に座った状態で、10~30分眠ると、眠気が減って覚醒度が高まります。

TOPページに戻る