睡眠不足 解消 サプリ

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている時に呼吸が止まる無呼吸症状や、呼吸の回数が減る低呼吸が原因で、睡眠障害が起こってしまう病気です。 実際は睡眠の質が下がっている一方で、患者さんの多くが自分の睡眠不足を認識していません。日中、知らないうちに居眠りしてしまうことも問題です。

日本での調査では、睡眠中に無呼吸や低呼吸の症状があり、日中、強い眠気を訴えている人は、男性3.3%、女性0.5%、 合わせると国民の1.7%と報告されています。日本には、睡眠時無呼吸症候群の人が200万人もいると推定されます。
性別では、男性は女性の3~5倍も睡眠時無呼吸症候群になり易く、しかも軽症例に比べて重症になると男女比が拡大します。男性では患者さんの半数以上を40~50歳代が占め、女性では閉経後に急増するのも特徴です。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、生理的な原因と鼻や喉の形態異常の2つが重なり発症します。眠ると筋肉の緊張が解け、 身体がグッタリとします。喉の周りや舌の筋肉も例外ではなく、起きている時に比べて睡眠中は気道が狭くなりがちです。また、仰向けで寝ると重力の関係で、舌が喉に落ち込み易くなります。
健康な人なら、睡眠中に起こる生理的な変化だけでは軽いイビキをかく程度でしかありません。
しかし、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎等の鼻の病気や扁桃腺の肥大、肥満、顎が小さいなど形の異常があると、 気道が閉塞し易くなり無呼吸に陥ってしまうのです。

自分で出来る睡眠時無呼吸症候群の対策法
○横向きやうつ伏せで寝る。
眠っている間に舌の筋肉が緩んで、舌が喉に落ち込むと、空気の通り道である気道が狭まり、無呼吸が起こります。 首や背中が痛くならないよう抱き枕やクッションなどで寝易い姿勢を工夫し、横向きやうつ伏せで寝ると、舌が落ち込みにくくなり、無呼吸状態を防げます。

○アルコールを控える。
飲酒した時だけ大きなイビキをかく人がいます。二日酔いで顔がむくむのと同じように、喉がアルコールでむくんで気道が狭くなり、息が苦しくなってしまうためです。

○体重を減らす。
欧米人に比べ、日本人は生まれつき顎が小さく、気道が狭くなり易い体形をしています。
そのため、喉に少しでも脂肪がつくと、気道がさらに狭くなって無呼吸発作を起こし易くなります。

○マウスピースを使う。
マウスピースを使うと、下顎を5~10mm前に出して気道を広げることができます。
専門の医療機関や歯科医院でも作れますが、簡単なものならネット通販でも買うことができます。

※眠る時の姿勢の工夫や減量、手軽なグッズを使うなどしても睡眠時無呼吸症候群の状態が良くならない場合は、 きちんと睡眠障害の専門医の診察と治療を受けましょう。

TOPページに戻る