睡眠不足 解消 サプリ

起きるのも大事

起床後できるだけ早く光を浴びた方が良いです。

目覚めと同時に光を浴びることで、1日のスイッチが入り、生体リズムも整います。
目覚めてから直ぐに5分~30分ほど明るい光を浴びると、職場や学校に着いた頃にはしっつかりとした活動モードに
切り替わりスムーズに仕事に入って行けます。

もしかしたら朝日が入ってこなければ、部屋の照明を点ければ良いと思うかもしれませんが、それでは明るさが足りま
せん。人を目覚めさせ、体内時計をリセットするには2,500ルクス以上という照度が必要だということです。
明るいイメージのあるコンビニでも1,500ルクス程度だそうです。
一般家庭で、2,500ルクス以上の明るさを出すというのはなかなか難しそうですね。それに天気の悪い日もあります。

そこでご紹介させて頂きたいのが、太陽のような明るさで起こす光目覚まし時計です。
一見暗いように感じますが、最大20,000ルクスで強く明るい光が遠くまで届きます。
但し、太陽と同じで直視するのはお止め下さいね。

明るい光には体内時計をリセットし気分を前向きにする事ができ、
社会問題化している不登校や引きこもりの人が浴びることで、学校へ行けるようになったり、
朝起きられるようになったととても喜ばれております。

光と音で楽に起きる 光目覚まし時計

直径13cm、高さ3.5cmの円形で、重さはポータブル式が350g、有線式が230g。
本体側面にLED(発光ダイオード)を配置し、本体を薄くしました。
中央の導光板で均一に面発光させ、心地良い光を出すことができます。
消費電力も最大15W、LED耐用年数は10万時間と非常に寿命が長いです。